研修を受講された方の声

昨年9月に会社を設立し、ご契約いただいた病院・福祉施設様には、コーチングやストレングスファインダーをプログラムに盛り込んだコミュニケーション研修を提供させて頂きました。中でも、継続学習として数回に渡って研修させていただいている病院・福祉施設様には大変ご好評で、教育担当者様を含め、たくさんの嬉しいお声を頂きました。

 
【多摩丘陵病院様 看護職員の方の声】
「自分の知らないことが山ほどあり、枠にはまりがちな自分の仕事の仕方があるのではないかと思い、より良くしていきたいと意欲が持てました。」「職場のスタッフ間のコミュニケーションを円滑にできることで、患者のケアも円滑にできるようになると思います。」
スタッフが研修を受けてのご感想「1回の研修でもスタッフの患者対応が変わった!(師長)」「2回目の研修に向かうとき、スタッフの表情から楽しみにしているのが伝わった。(師長)」「研修がどうだったか、さっそく笑顔で報告をしてくれた。(師長)」

 
【新宿区立障害者生活支援センター様 多職種職員の方の声】
「他のスタッフの資質を知ることで、よりよいチームワーク支援をしたい。」「自分のストレングスファインダーを理解することで、多職種チームの中での自分の役割を理解することができるのではないかと思いました。また、他者の理解を深め、足りないところを補っていけるようになると思いました。」「自分にとっては当たりまえのことが周りにとってはそうでもなく、また自分からは素晴らしいことに思えていることでも、相手がそれに気づけていないかもしれないということがわかりました。だからこそ、言葉に出してのフィードバックが重要になってくるのだと実感することができました。」


 
今年も引き続き受講して下さる医療、福祉従事者の方々が、研修での学びを職場でどんなふうに活用しているか、チームワークに役立てているか成長が楽しみです。そして、今年から関わらせていただく方々には、現場で使えるコミュニケーションツールや専門職としてのご自身らしい在り方について、わかりやすくお伝えしていきたいと思っております。

私たちは、これからも皆さまの声に応えるよう一層の努力してまいります。今後ともご愛顧のほど、よろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA